6月 15

ついに・・・というか、やっとWindowsXPから卒業?する決心をしました。

思えばWindows 2000信者だった私が意固地にXP乗り換えを拒んでいた2003年頃が懐かしく思えますが、必要に迫られてXPを使い始めてから既に7年も経っている訳で・・・住めば都というか・・・いつしかXPはWindowsの中でも一番お気に入りのOSとなり、結構細かいところまで使い尽くした感があります。

当然のように史上最悪のWindows・・・Meの再来と安易に想像出来たVistaには目もくれず、ただひたすらにXPを使い続けていたのですが、取引先のPCもXP搭載モデルが殆ど入手不可になってしまった事からVistaマシンが席巻しており・・・最近ではメンテナンスに苦労しまくっています。(以前デュアルブートでVistaのインストールしましたが、全くと言って良いほど使わず仕舞。無駄金でした。)

さて、今年の始めにHDDクラッシュで大きなショックを受けながらも相変わらずXP環境を構築して細々と作業をしていたのですが、最近はどうしてもマルチタスクが必要な作業案件の連続、数年前まではかなりハイスペックだったPentium4(3.2GHz)+ 2GBメモリでも今やロートルでイライラさせられっぱなし。作業効率が非常に悪くて環境の限界を感じ、チューニングしすぎてフリーズもよく発生という状況。(×_×)

という理由からそろそろ(遅っ)CPUをデュアルコアのものに変えようと決断。(当然マザーから・・・なので自作or新規購入)
となるとCPUは intel Core2 Duo か? AMD Athlon II か?と悩みますが・・・最新のCPUの存在すらよく知らずこの時点で時代に乗り遅れていたのですけど。(笑)いろいろ調べるうちに intel Core2 Quad の2コア×2というのも性能+価格的にも魅力なのでこちらにしようと、DELLのビジネスモデルを検索。おぉ!XPモデル(Windows7のダウングレード)、20インチワイドモニター付きで¥70000を切っているのがあるではないか!?

でも・・・XPとはいえメモリは2GB。う~ん、やっぱ3GBは欲しいよな。ついでにグラボも・・・と、あれこれカスタマイズしていると¥90,000を超えてしまい・・・しかも廉価モデルなので筐体はショボイ(笑)し、モニターは先日23インチのフルハイビジョン対応のやつを買ったばかりだし、要らないと言えば要らない。

ならばと、一般モデルで検索すると・・・こちらは既に新世代のCPUモデルばかりで高そう・・・???

ん?いや、そうでもないよな・・・予算からするとQuadの後継の純粋な4コアのintel  i5-750のモデルでも買えそうな気配。標準でメモリ4GB、グラボ付き(ゲームはしないので外付けであれば最低限の機能で十分)、DVDスーパーマルチ(ブルーレイは要らない)、HDDは320GBだけどデータは外付けHDDに残せばいい・・・これで¥69,980。自作とあんまり変わらない価格だし、動作保証の分と思えば決して高くないので即決で購入ボタンにマウスカーソルが!

しかし・・・ここで大事な事に気づきました。

一般モデルのOSは64bitのWindows7(Home Premium)でXPダウングレードは選択不可でした。(^◇^;)

いや、やはりOSはXPじゃないと・・・と思案するも、Windows7にはXPモードというのがあったはず。

xpmode

いわゆるバーチャルPCなんですが、CPUの性能やメモリも沢山積んであるので昔のようなカクカク&モッサリにはならないはず。Windows7で動かないビジネスソフトの大半はこれで使えるような事を以前どこかのサイトで読んだことがある。調べてみると、Homeエディションでは使えないがProfessionalならばOKとのこと。(ちなみにUltimate、Enterpriseも可)

ま、現行のXPマシンが壊れている訳ではないのでいざとなればこちらを使えば良い訳で、これを機にWindows7に乗り換えよう!と決心しました。

という事で、カスタマイズにてProfessionalエディションに切り替えて・・・キャンペーン適用で送料込みでも¥75,000を切ったので注文。(筐体はビジネスモデルと同じっぽいけど印刷が入ってちょっとはカッコイイし・・・笑)

今後はメインマシンをWindows7にすることでVista系(笑)の独特な表現にも慣れ、お客様にも違和感なく操作説明が出来るようになるでしょう。(^.^)

まぁ、決して余裕のある買い物ではなかったにせよ、ギリギリ予算内で収まりました。一時は自作も検討しましたが、メーカー品=動作保証されているという点では即環境移行も出来る訳で、その分の手間賃と思えば納得の価格。しかし・・・CPUだけ高性能という訳でもなく、今やメモリも DDR3 -1333MHzという旧環境(DDR2-533MHz)とは違った次元(?)の高速のメモリも搭載しているのでバランスも良さそう。(あとはSSDだな・・・爆)

さて、毎回PCを購入検討する際に見かける低価格モデル。廉価パーツが出るのは大歓迎なのですが、それらを最低限で組み合わせて出来る¥50000を切るPCが実用的にどうなのか?というのには疑問を感じます。大きな会社のクライアントマシンならそれでも良いかもしれませんが、メンテナンスを頼まれた際に幾度となくメモリ不足のPCに遭遇したことか・・・PCの進化はゲームとアダルトのクオリティに比例するのは有名な話ですが、ビジネス用途でも(だからこそ)2Dゲームがサクサク動く程度のCPU速度とメモリの容量は必要だと思いますし、最低限ここには気を配りたいものですね。

と、この本文の下書きを書いている間にマシンが到着
すぐに作業できるようにとソフト類のインストールなども行っていますが、やはり32bit向けに作られたソフトでは不具合もちょこちょこある訳で・・・Vistaの時と同じように細かい部分では調整が必要なんですが・・・セキュリティ面が強化されている事もあって一筋縄ではいかないですね。(^^ゞ
インターネットのおかげで大半の作業は順調に進んでいますけど、「これが正解」にたどり着くにはちょっと時間も要しそうです。

というわけで今後、健忘禄もかねてXP⇒Windows7の乗り換え時への設定ポイントをこのブログで記事にしたいと思います。m(__)m

投稿者 awpek

トラックバック URL

3 件のレス to “Windows7に挑戦!?”

  1. はとちゃん Says:

    遂に7ですか・・・・。
    かくいう私も現在ニューマシンを購入検討中なので7についての情報が
    欲しいです。期待してます(笑)

    別件ですが、XPのSP2のサポート終了が遂に7月13日にせまってきました。
    ホントに嫌だったんですが、仕方なく、SP3を当てようとしたら・・・・。
    ほーらやってきました。「インストールできません・・・・」
    レジストリいじくりまくってるからなあ・・・・ま、仕方ないんですけどね。
    結局レジストリのサブキーへのアクセス権設定ではじかれること数回。
    それもインストール終了間際になってエラー出るもんだから、もう殆ど
    マシンを叩き壊す寸前のとこまで来てました・・・。

    数時間を完全に無駄にした後、頭に来て、レジストリのアクセス許可設定を
    完全に初期化するスクリプトをマイクロソフトから引っ張ってきて実行しました。
    延々と続くコマンド画面見てると、古き良きDOSの時代を思い出しました(笑)

    今のマシンにMS-DOSのver.5とか入れて、WTERMで通信とかしたら
    どんだけ速いんだろなーとか(笑)

    なんとか半日がかりでSP3にすることはできました。やれやれです。

    今のところ普段使ってるアプリに不具合らしきものは確認されてませんが
    何事もなく、無事に行って欲しいもんです。

    私もニューマシン購入しましたら報告に来ますね!
    いつもいろいろと教えてもらってthank youデス!!

  2. awpek Says:

    SP2時にもかなり苦労させられましたが、セキュリティが強化されるのは良しとしても、イントラネットとかに混在するとトラブルが頻発するため個々に設定し直さないといけないんですよね。だから取引先などには「パッチは当てないでください」と伝えるんですが・・・Microsoftがしつこくアップデートのポップアップをするので必ず誰かがやっちゃいます。

    しかもこれがクライアントマシンのceleronの2.4GHz+256MBメモリのXP機だから重い重い。(^^ゞ
    「パッチを当てたら動きが悪くなったって」問い合わせがくるので調整に行くとRealPlayerやiTunes(Quicktime)は入ってるし、ポップアップするメールチェッカーもしっかり常駐。そもそもこれが原因でメモリ不足となって動きが遅くなっているのに、それをウイルスか何かと勘違いしてSpybotまで・・・(^^ゞ

    中には自分でリカバリしたのか?ビデオやサウンドドライバーの入っていないまま上記のソフトが入ってるノートまである始末。もうまともに起動すらしてませんでしたけど。(笑)

    他にも壁紙からマウスポインターまで、やたらめったにカスタマイズ?しているビジネスマシンって・・・あんたらいったい何やってんのよ?(笑)

    ビジネス用途ならば、非力なマシンでもその性能にあったソフトを使って定期的にメンテすることで大半の作業は出来るんですが・・・誘惑にまけちゃうんでしょうね。(^0^;)

    まぁ、でも私の経験としてSP3が原因で特別重くなったり不具合が出るような事はなかった(リリース当初は多かった)ので、ご安心を。(#^.^#)

    WTERM・・・懐かしい響きですね~。良かりしパソコン通信時代には大変お世話になりました。あとFDとかLHAとか・・・でもやっぱり一番使い込んだのはMELWAREでしょうね。(笑)

  3. はとちゃん Says:

    awpekさん・・・・

    MELWARE・・・(笑)
    今はなきメルコのメモリについてたメモリドライバですよね。

    awpekさんがconfigの鬼、autoexeの神様と呼ばれていたあの日が懐かしい・・・。
    まさに極限のメモリチューニングを施して非力なマシンの性能を限界まで
    引き出してましたな(笑) 思い出し笑いしてしまったわい。

    同じ頃・・・確か・・・モデムの鬼(笑)と呼ばれた私の場合、ATコマンドの
    知識なんぞが役立つ場面は皆無となり、あの日々は一体なんだったんだと
    虚しくなります・・・・。

    でもね、あの頃はパソコン完全にローレベルフォーマットから復旧したって
    一日で完璧に元の環境に戻れましたよね、余裕で。
    win3.1ならインターネットにも繋げられるから(めんどいけど)、今度その
    環境のマシン作って遊んでみるってのはどお?
    awpekさんとこに転がっているであろう、お古のマシンを寄せ集めたとしても
    win3.1なら爆速マシンができるよね(笑) 

    いかんいかん、歳とるとほんと懐古主義で遠くばかり見つめてしまうわ(^^;)

    前を向いて~ 未来を見つめねば。

コメントをどうぞ。