8月 16

ついに・・・というか、やっと?なんですが、地デジテレビが我が家にやてきました。(^.^)

何をいまさら?と思われるかもしれませんが、我が家はもともとTVをあまり見ない。

設置しているTVは32型のブラウン管(一応古いタイプのハイビジョン)で壊れている訳ではないし、とりあえず壊れて観れなくなるまでは地デジは専用チューナーでも買って見てればいいやと思っていたのですが・・・

先日、お墓参りで実家に帰った際のこと。

あれ?居間に置いてあったTVが違う。

こちらは隠居の老夫婦でザッピング無しの生活は考えられない程の完全TV依存家庭。画面が小さいとか、HDD録画機能が解りづらいとか、画面が暗いなどの贅沢過ぎる理由で最近話題のLED液晶TVに買い換えていたのです。

で、古い液晶TVはというと・・・寝室に移設していましたが、こちらはベッドとの距離が近すぎて大きすぎるから邪魔などと贅沢な悩み。(笑)

しめた!とばかりにじゃぁ、小さいテレビで地デジが見れるようにしてやるけんこれ頂戴!』と、20年ぶり?にオネダリをして即決。総出費¥5000也\(^o^)/

47001893年落ちのREGZAですが、37インチのフルHD、300MBのHDD内蔵(換装可!)ともなれば十分な性能で、息子も大喜び!(まぁ、Wiiを遊ぶ画面がデカくなる事で・・・なんですが。祖父母にとっても孫が喜んでくれるのが一番幸せでしょう!笑)

帰宅後すぐに設置。アナログTVと比較をすれば、そりゃ格段の画質です・・・でも、個人的には高画質すぎるってのはあまり好きじゃないんですよね。

だって、ドラマでは男優のアップが映った際に化粧してるのがモロに解るのでリアルさに欠ける。時代劇なんかではカツラの境まで見えちゃうから・・・(ToT)

やっぱ想像力あってこそ面白さなんじゃないかな?改めてアナログの良さを見直す事になりそうですね。

続きを読む »

投稿者 awpek