7月 13

博多()の名物行事といえば『博多祇園山笠』ですよね~

私は福岡で生まれ育ちましたが生粋の博多っ子ではないので博多祇園山笠には参加したことがないのですが、毎年この時期になると地元ローカルメディアでは特番などが組まれますので自然とその雰囲気に飲まれてしまいます。

とはいえ、昨日のエアコン工事は完全にスケジューリング失敗でした。
というのも、3件訪問予定のうち2件が山笠で盛り上がる博多区内という事をすっかり忘れていて、午後から工事の予定を組んでしまっていたのです。奇しくも、昨日は本番の「追山」(7/15)の予行練習とも言える「追山ならし」の行われる日でした。しかも、1件は「東流」のど真ん中で追山コース沿いという場所。さらにもう1件は「千代流」の本部の隣!という、まさにデンジャラスな場所。

エアコン工事を依頼された方も、山笠には興味がなかったのか?事前打ち合わせの際に「追い山ならし」がある事を仰られなかったのでこちらも全く気づかなかった訳です。

当然、お約束の時間に現地に向かおうとすると交通規制が四方に張り巡らされ、周辺の駐車場も満車状態。15~18時の作業は全く手つかずで、寂しく車の中で追い山ならしの中継を見ているしかありませんでした。(^^ゞ

地元では有名な話ですが、この時期はたとえどんなに多忙な会社員でも山笠に参加する人は2週間近く仕事を休む(山笠休暇)のです。=総称して「のぼせもん」と言います。
もちろん会社の運営に支障も出ますし、更には直接関係がない方々にも少なからず被害があるのですが・・・

とはいえ、地元の伝統は大事ですよね。後世まで受け継いでいって欲しいものです。
完全に私のミスでした・・・ 

投稿者 awpek \\ tags: , ,

トラックバック URL

1件のレス to “博多祇園山笠”

  1. ローカルニュースの旅 Says:

    博多祇園山笠、夕暮れに「他流舁き」

    博多祇園山笠は11日、舁き山笠が早朝に街を巡る「朝山」に続いて、夕方にはそれぞれの流区域外で山笠を披露する「他流舁き」があった。午後3時に山小屋を出発した四番山笠・中洲流を…

コメントをどうぞ。