7月 20

エアコンの点検依頼のうち「急にエアコンが動かなくなった」等の場合は大半の原因が『になります。訪問時、開口一発「あらら~こりゃまずいんじゃない?」と言いそうになる状況もありますのでちょっと説明します。

簡単に説明しますと『高圧カット』とは、室外機の放熱が十分に出来なくなる等の理由により、コンプレッサー(冷媒ガスの圧縮器)の温度が下がらなくなって、機器側で動作制御(停止)をしてしまうというものです。この症状の特徴は、エアコンを運転させて最初の数分は動いているが少し経つと冷房が効かくなったり、運転が止まってしまう。1時間ほど待って運転をかけるとまた少し冷えて・・・の繰り返しといった感じになります。
(ちなみにガス漏れやガス不足で起きる動作不良は『低圧カット』と呼びます。)

さて、「高圧カット」とは症状の呼び方ですから、この原因を探さなければなりません。
この症状が発生しやすい代表的な例を挙げますのでもしかしたら?と思ったらチェックしてみてください。

  1. 室外機の周辺に色々なものを置いてませんか?ベランダ等なら大きな段ボールとか、リサイクルのゴミ袋とか・・・野外なら背の高い雑草が周囲に生えていたりというのも対象になります。
  2. 室外機が狭いベランダや通路など、換気の良くない位置に設置してありませんか?
  3. 室外機のファンは回っていますか?
  4. 猛暑で外気温度が異様に高くなっていませんか?(40度超)

この他にも様々な原因が考えられますが、個人レベルで確認できるのは上記4点位でしょう。(これ以外は根本的に修理の必要な故障が大半になりますので・・・)

ではそれらの対処法の説明です。(またもや長文なので、覚悟してください・・・(^^ゞ)

  • 室外機周囲を片付ける事で熱交換が回復して正常に戻る場合があります。
  • 室外機のファンが回っていない場合、草のツルなどが絡まっている事も考えられますので取り除いてみましょう。(電源を入れたまま作業はしない事!分解が必要な場合は工事業者に委託する事。)
  • 猛暑で一時的に高圧カットが起きているようでしたら、室外機周辺に水を撒いて外気温を下げてあげると正常に戻る場合もあります。(直接室外機に水をかけると故障の原因になりますので注意。)
  • 設置場所が悪ければ設置をして貰った業者に相談してみるのも良いかもしれません。特に1年以内に設置したものであれば無料で移動してくれる可能性があります。ただし、設置時に業者から忠告されていたにもかかわらず、美観を優先するがため換気の悪い場所への設置を指定していた場合などでは、移設工料(¥10,000~程度)を負担する事になると思います。

    また、引越などで配管部材を使い回しした場合では、安全な場所までの十分な距離が得られなくて仕方なく危険な場所に設置している場合もあります。(これは工事業者さんと協議次第ですが・・・配管交換費は必要でしょう。)

    設置場所に選択肢が少ない場合などでは架台などを使用して機器の位置を高くするという対策も出来ますが、設置後であれば安全面を考慮すると一旦取り外してから架台設置の後に取付となりますので費用も嵩みます。(¥15,000~程度)

上記のような対処を行ったとしても、原因の一部を解消しただけというケースもありますので、必ずしも「解決」するとは限りません。また、取りあえずは動くから・・・と、騙し騙し使っているとサーモセンサーやコンプレッサー不良を引き起こす原因にもなりますので、意味不明のエアコン停止などが起きた場合は早めの対処を心がけてください。(最悪¥100,000以上の修理費負担になります。=買い換えですね。)

業務用エアコンの場合、室外機が大型になる事もあり設置場所が限られてる事もありますので移設は困難かもしれませんが、室外機が一定温度に達すると自動的に水を噴霧するようなオプションの対策品も販売されています。(家庭用では・・・見たことがありませんが・・・)

現在はエアコン工事の最も忙しい時期です。「我慢出来ない」「なんとかうちだけでも・・・」と依頼される事も日常的で、この時ばかりはエアコン工事屋さんは神のように崇められる訳ですが(笑)、決して「おごり」や「たかぶり」がある訳ではありません。取引先や知人など皆さんがそう仰るのでスケジュールは分刻みになり、順番待ちのお客様が沢山おられるのです。苦渋の思いで、恨まれる事も承知の上でお断りしている辛さを少しでもご理解いただければと思います。

この時期に早く対処できる(して貰える?)ポイントとしては、まず詳しい状況の説明が出来ること。「動かない」だけはなく、「いつ、どのようにして、どういった状態なのか?どこまで自分で調べてみたのか?」を伝える事が出来れば電話で一番早い対処法を聞けるかもしれません。
更に、「出来るだけ早く来て欲しいが、いつ位になりそう?」と確認した上で、「それまで待ちますが、もし近くに寄った際に工事に空きがあれば声をかけてください。直ぐに戻りますから。」といった感じで、工事屋さんのスケジュールを優先してあげる心遣いが、「早く行ってあげたい」という気持ちにしてあげればGOODだと思います。

投稿者 awpek \\ tags: , ,

トラックバック URL

2 件のレス to “エアコンが動かない?”

  1. 佐冨電吉 Says:

    家電工事業を営んでいます。 (この時期は量販店の工事を受けています)
    我々の心情をその通り表現して頂き有り難うございます。

    「夏場のエアコン屋は神の如く崇められる」

    エッ、そうなん? 頑張る気が湧いて来たゾ!

    偉そうにする気は全く有りませんが・・・・・
    何か言いたくなる今日この頃・・・・・

    辛抱強く、他人を敬い大切にする素晴らしい国民性の日本人

    近年、(やから)と表現される人々が増殖してますね。

    我々はしっかりプロ意識を持って対処します。
    そして、出来る限り迅速に、皆様を➡➡ 暑さ ⬅⬅
    から守りますので・・・・・少しだけ…少しだけ
    お時間を下さいね!

    と申し上げたいです。

    佐冨電吉 2013,7

  2. awpek Says:

    佐冨電吉さん、コメントありがとうございます。

    梅雨明け後、猛暑日の連続で大変ですね~。
    (当方、今は内勤=工事手配なので涼しい部屋(^^ゞで・・・電話応対に四苦八苦してます。)

    例年からすると来週後半からお盆までが地獄となりますが、頑張りすぎてお体を壊さぬよう、お客様のために神の力を見せつけてあげてくださいね。(笑)

コメントをどうぞ。