8月 04

以前に書いたドリームワークスの「ヒックとドラゴン」・・・もう5年前ですかぁ(^^ゞ

思い返せば1作目は小学3年生の息子と初めて見た劇場3D作品だった上に、ストーリーや演出などまとまりも良く親子の記憶にしっかりと根付いた良作でした。

その息子も今や中学2年生。受験を来年にひかえて遊び盛りの反抗期真最中(笑)なんですが、この映画の続編が作られているという話をすると『絶対見ようね!』と当時の屈託のない笑顔で会話が弾みます。

昨年アメリカで公開されて大ヒット!!という情報から国内の公開を心待ちにしていたのですが、大人の事情で?DVD&BD発売のみとなりました。(T-T)

まぁ、ヒット作の続編ものは駄作扱いされるが多いので、過度な期待はせずにのんびり見ようと、発売から1ヶ月経ってからレンタル店に。

順新作の棚の隅っこに10本近くあるパッケージには全てDVDが収まっており、レンタル中は0本という状態。(笑)

 

え・・・?そんなに人気無いの?(大汗)

 

家に帰ってちょっとだけ見てみようかとDVDをセットしたのが23:00すぎ。

夏休みでダラけていた息子(親に似て夜型)は、「えぇ?今から見ると?」とちょっと困り顔でしたが・・・

始まった途端にあの頃の感動がふつふつと沸き起こって約1時間30分、一気に最後まで鑑賞しました。(笑)

もともと1話完結の映画の続編ですから、少々強引なストーリー展開もありましたが、所詮はファンタジーのアニメなんです。

完璧な設定やストーリーはいらないです。面白ければそれで良い!!

doragon2

今回も完璧です!絶対オススメの1作ですから、見てみて下さい!!(見てない方は1から!)

 

新しく登場する圧倒的な迫力の巨大ドラゴン(上画像)、主人公母親の相棒(息子談:モンスターハンターのパリアプリアに似ているらしい)に加え、まんま猫のような性格ながら本気出すとゴジラになっちゃう(笑)主人公の相棒トゥース(ナイトフューリー)の進化など・・・ドラゴン好きにはたまりません。

背景で繰り広げられるリアルタイムのストーリーなど本当に細部まで手抜きをしない徹底した作り込み、前作に引けを取らないスピード感あふれる演出、そして今回も親子の・・・

ストーリー的には幼児には少々難しいかもしれませんが、小学生以上ならこの面白さは絶対理解できるはずです。

そして大人の我々からしても、グッズ販売などで訳解らないマーケティング戦略に感化された作品にはない純粋に作られたアニメに納得できるはずです。

なんでこれが人気無いのでしょうか?(^^ゞ

投稿者 awpek

トラックバック URL

コメントをどうぞ。